工事出来高管理表

工事原価管理システムGkWin - 目次 - メイン〔帳票印刷〕 - 工事出来高管理表

1工事の予算残/原価状況を工種、内訳ごとに集計する帳票です。各工種/内訳毎の予算残・発生原価の集計は、数量、金額毎に計算を行います。土木工事や専門工事の原価集計に有効です。最終原価発生月(最後に請求書を受付けた月)現在のデータを集計します。

工事出来高管理表

【各項目の説明】

工種、内訳:集計を行う工種・内訳

単位:受付請求書で入力された単位

実行予算:実行予算/発注で入力された実行予算の数量・単価・金額

当月原価 数量:請求書・査定入力での数量+自社労務日報入力自社資材・機械日報入力での数量の当月合計

当月原価 金額:請求書・査定入力での査定金額+自社労務日報入力自社資材・機械日報入力での金額の当月合計(消費税は含みません)

累計原価 数量:請求書・査定入力での数量+自社労務日報入力自社資材・機械日報入力での数量の当月を含む合計

累計原価 金額請求書・査定入力での査定金額+自社労務日報入力自社資材・機械日報入力での金額の当月を含む合計(消費税は含みません)

予算残 数量:実行予算数量−累計原価数量

予算残 金額:実行予算金額−累計原価金額

予算消化率:累計原価金額÷実行予算金額

印刷先の指定(集計日指定)

集計日は多くの場合省力可能で、省略した場合最終原価発生月を集計月とします

関連入力メニュー

実行予算/発注

請求書・査定入力

自社労務日報入力

自社資材・機械日報入力

工事受注情報