GkWinで出来ること

工事原価管理システムGkWin - 目次 - GkWinで出来ること

きめ細かい原価管理

GkWinでは工事の原価情報の管理を工種(内訳)単位で行います。工事の原価情報としては実行予算、発注、業者からの請求書、日報を入力し、主に次のような集計を行います。

A〔実行予算〕、B〔発注(取極め) 〕、C〔取極め外発生原価〕、D〔取極め分発生原価〕とした場合

実行予算残=A〔実行予算〕−(C〔取極め外発生原価〕+D〔取極め分発生原価〕)

発注残=B〔発注(取極め)〕−D〔取極め分発生原価〕

発生原価=C〔取極め外発生原価〕+D〔取極め分発生原価〕

発注書の発行

協力業者への発注書を発行することができます。発注書は自由なレイアウトが可能です。発注時に支払予定日を入力することも可能で、資金予定を立てることが可能です。発注書

自社資材・機械日報管理

自社の資材・機械の日報を入力し、工事原価に計上します。自社資材/機械日報

社員・常傭の労務日報管理(自社労務日報)

社員・常傭の労務日報を入力することが可能なので、工事原価への計上はもちろんのこと、各人の給与計算の基礎データも集計されます。工事日報について

業者への支払金額の自動集計

各工事宛てに来た業者からの請求書をもとに各業者毎の毎月の支払金額を自動的に集計します。支払の期日は業者毎に設定が可能です。支払時に次月繰越しや協力会費・手形の自動計算機能もあります。定時支払

顧客への請求書発行および回収管理

顧客への請求書を発行することが出来ます。請求書は自由なレイアウトが可能で、ヒサゴの既製の請求書に合わせることもできます。回収管理もできますので売掛管理も行えます。発行請求書

資金予定表の作成

発注時の支払予定と、工事請負時の入金予定から資金予定表が作成出来ます。資金予定

工事日誌機能(作業日誌)

毎日現場責任者が手で記帳している工事日誌の入力機能があます。工事作業日誌は役所にも提出できる形式で印刷が可能です。作業日誌データを集計する事により業者の出面把握を完全に行え、査定時の基礎資料が作成できます。もちろん工事毎の出面集計も可能です。作業日誌