業者支払の自動計算機能


業者毎に協力会費や現金/手形の支払割合を自動計算させる機能があります。

協力会費の計算

支払合計がその業者の協力会費下限金額より大きい場合、その業者に設定された協力会費率で計算を行います。計算結果は控除項目1へ設定されます

協力会費(控除項目1)=端数処理(支払金額×協力会費率)

現金/手形の自動計算

支払合計がその業者の手形下限金額より大きい場合、その業者に設定された手形比率で計算を行います。

手形金額を丸める場合

手形金額=端数処理((支払金額−控除合計)×手形比率)

残りを現金金額

現金金額を丸める場合

現金金額=端数処理((支払金額−控除合計)×(100−手形比率))

残りを手形金額

端数処理の設定等は環境設定−業者支払 で行います

業者毎の下限金額、比率の設定は業者マスター登録で行います

関連項目

定時支払

環境設定−業者支払

業者マスター登録