はじめに

工事原価管理システムGkWin - 目次 - はじめに

GkWinの基本構造

通常の業務は《メイン》《工事台帳》の2つの画面だけで行え、作業選択はタブを切り替えるだけです。1つの入力作業が終わるたびに メインメニューに戻る、などの複雑な画面移動がありません。 入力画面もExcelのシートに近いデザインを採用していますので、操作も素早く習得することが可能です。《メイン》は経営管理者、経理/総務部で使うプログラムグループ、 《工事台帳》は工事担当者の使うプログラムグループと分かれています。 複数台の運用でより高い業務改善効果が得られます。

全体図 メイン〔工事一覧〕へ メイン〔受付請求書〕へ メイン〔定時支払〕へ メイン〔売上管理〕へ メイン〔資金予定〕へ メイン〔帳票印刷〕へ 工事台帳〔工事受注情報〕へ 工事台帳〔実行予算/発注〕へ 工事台帳〔受付請求書〕へ 工事台帳〔自社労務日報〕へ 工事台帳〔予想損益〕へ 工事台帳〔資金予定〕へ 工事台帳〔帳票印刷〕へ

GkWinは建設工事業で日常的に発生する事務作業の省力化、正確でスピーディーな工事原価の把握を目的として開発された、工事原価管理システムです。工事を開始してから、実行予算の入力、発注書の発行、請求書の受け付け/出来高査定と実務に即した処理の形態を採っておりますので、マスター類の登録完了と同時に即戦力として御活用頂けます。

GkWinの運用により「予算を守り工事を行う」、「発注金額を把握しながら請求書を受け付ける」等、社内ルールが確立されますので、事務の合理化と同時に社内体質の強化をもたらします。

コストの厳しい今こそ、しっかりした原価管理を!!

直感的でわかりやすい画面構成

全社の工事を管理するメイン画面、工事の個別情報を管理する工事台帳画面という画面構成を採用していますので、目的のデータの呼び出しや入力が非常に簡単に行えます。

請求書入力終了と同時に予算残、発注残、業者別支払、工事原価が瞬時に把握可能

発注書発行時、実行予算に対し予算残高(予算金額−発注金額)の自動的なチェックが行えます。請求書受け付け/出来高査定時は、発注残高(発注金額−受け付け請求金額)の確認も入力画面で行えます。請求書の受け付け終了と同時に、各業者毎に月ごとの支払金額を自動集計しますので、集計された金額を確認しながら支払い金種の入力を行うだけで、支払い業務が完了します。

自社労務・機械・資材日報機能

原価の把握に欠かせない、自社労務・自社機械・自社資材の日報入力機能があります。自社労務日報からは社員・常傭の出勤の集計が行えます。

工事日誌機能(作業日誌)

毎日現場責任者が手で記帳している工事日誌の入力機能があます。工事作業日誌は役所にも提出できる形式で印刷が可能です。作業日誌データを集計する事により業者の出面把握を完全に行え、査定時の基礎資料が作成できます。もちろん工事毎の出面集計も可能です。

更新作業が不要

毎月の請求書/出来高査定の入力終了と同時に、各種管理帳票データも全て更新されますので月次更新、更に年次更新などの面倒な処理も一切不要です。過去のデータでも自由に呼び出し、修正が行えます。もちろん修正と同時にすべてのデータは更新され、最新の情報を印刷できます。