工事台帳〔予想損益〕

工事原価管理システムGkWin - 目次 - 工事台帳〔予想損益〕

工事の未実施額を入力し、あとどのくらい原価が発生するかを試算します。

工事の最終損益を完成前に予想します。

この機能を活用する事により、完成前に工事の損益が把握できます。

実行予算 = 実行予算/発注で入力されたデータです。

契約金額 = 発注入力で入力されたデータです。発注した時点で発生原価と考えます。

契約外支払 = 現在までの契約外原価合計です。

請求書・査定入力契約外の査定+自社労務日報入力+自社資材・機械日報入力の各入力の合計金額。

未実施額 = これから発生するであろう原価金額。

契約金額は発注した時点で発生原価と考え、契約外支払は取極外の今まで発生した原価合計であるので、契約金額+契約外支払が現在までの発生原価合計と考えます。その金額に対し未実施額を加算する事により最終損益を予想します。

工事台帳〔予想損益〕

F・7クリア

予想金額データを0クリアします

F・9予損益表

工事予想損益表 を印刷します

右クリックメニュー

クリップボードへコピー選択された行があれば選択された行を、なければ全ての行をクリップボードへコピーします