工事台帳〔自社労務日報〕

工事原価管理システムGkWin - 目次 - 工事台帳〔自社労務日報〕

日報には自社資材/機械日報、自社労務日報、工事日誌があります。

この処理は自社労務日報の入力を行います。入力されたデータは各工事の原価に加算されます。また労務は各作業者毎に出勤集計帳票に反映されます。このデータは外注業者からのものではなくあくまでも自社分のみで、支払は発生しません。

入力されたデータは工事作業日誌に転記されます。1日のデータのうち、工種毎の時間合計を人工に変換して工事作業日誌データとして自動的に生成します。工事作業日誌データの作業内容部分に工種名称がセットされます。工事作業日誌入力

時間合計を人工に変換する計算式は 人工=時間合計÷1人工/時間(環境設定−全般 )

一度工事作業日誌データが生成されてしまえば、元の自社労務データを削除しても、工事作業日誌データは影響を受けません。また生成された工事作業日誌データを修正しても自社労務データは影響を受けません。

工事台帳〔自社労務日報〕

F・1日付順

データを日付順に並び替えます。

F・2社員順

データを社員順に並び替えます。

F・3工種順

データを工種順に並び替えます。

F・5前日複写

前日のデータを複写します。一般的に日報は前日と同じ項目が多いので、数量以外の部分をコピーします。

F・7削除

データを削除します。

右クリックメニュー

行を削除データを削除します。

クリップボードへコピー選択された行があれば選択された行を、なければ全ての行をクリップボードへコピーします。

選択された行を複写選択された行を複写します。