メイン〔受付請求書〕

工事原価管理システムGkWin - 目次 - メイン〔受付請求書〕

全ての工事に対する業者からの請求書データの入力、修正、出来高査定を行います。
請求書データは工種・内訳毎の入力になります。工事の原価、業者に対する支払い金額の集計などは、査定金額に対して行われます。請求金額はメモ的な意味しか持ちません。請求数量と請求単価の計算結果を請求金額とします。(システムが計算します)

メイン〔受付請求書〕入力画面

日付:

表示する請求書データの範囲を指定します。新たに請求書を入力する場合、同一の日付を指定します。

工事:

特定の工事のデータのみを入力・呼び出す場合は、対象の工事を指定します。省略可能です。

業者:

特定の業者のデータのみを入力・呼び出す場合は、対象の業者を指定します。省略可能です。

2種類の入力方式について

(1)工事毎の入力(請求書を工事毎に括る)

その月の請求書を工事別に仕分けした形式での入力方式です。日付:、工事:を指定するとこの形式の入力方法となります。この形式では日付:、工事:で指定された工事の全請求書の入力、修正が行えます。1つの工事に複数の業者から来た請求書/査定の入力、修正が一度に行えます。

(2)業者毎の入力(請求書を業者毎に括る)

その月の請求書を業者別に仕分けした形式での入力方式です。日付:、業者:を指定するとこの形式の入力方法となります。この形式では日付:、業者:で指定された業者の全請求書の入力、修正が行えます。1つの業者から来た複数の工事に対する請求書/査定の入力、修正が一度に行えます。

通常の運用としては、業者から来た請求書入力時は(2)の方式を使い、査定の入力時には(1)の方式でデータを呼び出すのが一般的です。どの方式で入力してもデータは自動的に並べかえますので、(1)、(2)の方式を併用して効率的な運用が可能です。

工種・内訳の自動表示について

工種・内訳入力位置で“*”を押すと、現在の工事において実行予算、発注が設定されている工種・内訳のリストが表示されます。さらにもう一度“*”を押すと、GkWinに登録されている全ての工種・内訳リストが表示されます。工種・内訳、摘要が入力された時点で、該当する実行予算および発注をGkWinが自動的に検索し、該当する発注があれば発区分を取極に設定します。

F・1日付順

データを日付順に並び替えます。

F・2業者順

データを業者順に並び替えます。

F・3工事順

データを工事順に並び替えます。

F・4工種順

データを工種順に並び替えます。

F・5残表示

発注残のある工種・内訳、業者のデータを自動的に生成し表示します。取極め分の請求書入力時には便利な機能です。

F・7削除

データを削除します。

F・9残リスト

予算/契約残高確認リストを印刷します。

F・10査定表

査定記入表を印刷します。

F・11仕入明細

仕入明細表を印刷します。

F・12消費税

現在行(カーソルのある行)の消費税の計算を行います。

具体的には以下の作業を行います

(1)業者に消費税率が設定されていなければ何もしません。

(2)同一の業者、日付の請求金額、査定金額を集計し、各合計金額に業者の消費税率をかけて、消費税額を計算する。

(3)同じ業者、日付で、工種を 消費税工種として、請求データ行を生成する。業者から受け取った請求書1枚につき1行の消費税を計算します。(複数の工種の請求は合算され、その結果が計算されます)

右クリックメニュー

行を削除データを削除します。

クリップボードへコピー選択された行があれば選択された行を、なければ全ての行をクリップボードへコピーします。