支払通知書の差込データについて

工事原価管理システムGkWin - 目次 - メイン〔定時支払〕 - 支払通知書 - 支払通知書の差込データについて

支払通知書の印刷画面[レイアウトを編集するボタン]をクリックし[差込データツールボタン]で設定できます。

GkWinで設定、入力したデータを差込データとしてレイアウト中に挿入します。データ種別によっては形式の指定が必要なものがあります。

支払通知書差込データには以下の種類があります。

宛て先: 業者名

宛て先コード: 業者に設定されたコード

宛て先〒: 業者に設定された郵便番号

宛て先住所: 業者に設定された住所

宛て先住所2: 業者に設定された住所2

業者支払日: 業者の支払日

請求書締め日: 請求書の締め日

前回繰越金額: 前回の支払残高

今回査定額: 今回の査定金額

繰越+今回査定合計金額: 前回の支払残高+今回の査定金額

現金支払額: 定時支払にて入力されたデータ

手形支払額: 定時支払にて入力されたデータ

控除1: 定時支払にて入力されたデータ

控除2: 定時支払にて入力されたデータ

控除3: 定時支払にて入力されたデータ

支払金額合計: 定時支払にて入力されたデータ

次月繰越: 次月への繰越金額

支払通知明細行データ: 今回査定の受付請求書のデータ

支払通知明細行データの設定方法

1.差込データツールボタンをクリックし支払通知明細行データをクリックします。

2.キャンパスの入力したい箇所にて左クリック。

3.オブジェクトの属性の編集をクリックします。

オブジェクトの属性

4.支払通知−明細ダイアログボックスが表示されますので、必要な項目をチェックし設定、入力を行ないます。

支払通知明細行データ

関連項目

支払通知書

発行請求書・発注書レイアウトファイル